■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Marcel Charles Lapierre

Bow Maker  1907-1979
Paris, MirecourtSeveral

マーセル・シャルル・ラピエールは、20世紀ミレクールの主要な工房へ向け、広く弓を供給した。1921年から1923年の間にJ.T.ラミーより製作を学び、1931年にはF・ロッテと共に働いた。その5年後、C.L.バザンの工房へ移り、モリゾー兄弟のためにも働いた。1946年にはE.A.ウーシャへ弓を納めたが、ウーシャがニューヨークへ発った同じ年に、アルフレッド・ヴィドゥデの下で働き始めるべく、ジュネーブへ移った。そのわずか1年後、彼はミレクールへ戻り、生涯働くことになる自身の工房を構えた。

ジュネーブから戻った後の10年間に於いて製作されたラピエールの弓は、特に評価が高い。それらの特徴として、やや角張ったヘッドと、ウーシャ・スタイルのフロッグ、ヒル式のアンダースライド等が挙げられる。1970年以降は技術の精度が大きく落ちた。彼はウーシャと同様、スティックの両側にスタンプを打刻した。