■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Joseph Henry

Bow Maker  1823-1870
Paris, MirecourtSeveral

ジョセフ・アンリは当時パリの主要な工房で働いた多くの製作者と同様、ミレクールで生まれ製作の訓練を受けた。1837年、彼が14歳の時にパリへ移り、ジョルジュ・シャノーの下で働いた。その後アンリはドミニク・ぺカットと共に製作をしていく中で、独自のスタイルを発展させていく。1845年には、いくらか角張ったヘッド、平らな形状のチーク、小振りなフロッグ、厚めで外側に向かって広がる形状を持つアジャスター・ボタンなど、彼の基本的なスタイルが確立された。
 
ぺカットがパリからミレクールへ戻った1848年頃より、彼はピエール・シモンと共同制作を行うようになったが長くは続かなかった。1851年にはVieux Augustins通りに工房を構え独立し、多くの優れた弓を製作した。1855年頃からは、ガン兄弟向けの美しいべっ甲フロッグ弓の一連の作品を製作したが、これは彼の作品の中でも際立った存在である。彼の数多い作品は卓越した技術によるもので、演奏家より高い評価を得続けている。