■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Louis Joseph Morizot 'pere'

Bow Maker  1874-1957
MirecourtFrance

ルイ・ジョセフ・モリゾーは1901年から1914年にユージン・クニョ・ユーリとシャルル・ニコラ・バザンの下で働きながら弓製作を学んだ。その後ユージン・サルトリの下で働き始めたが、そのモデルはバザンの作品に近いもので、miter jointsの採用も続けた。1920年には彼自身のモデル、すなわちサルトリ・スタイルのフロッグを採用したものを確立し、それは概して洗練され優美なものであった。
 
1920年頃には彼の息子がアシスタントに着いたことに加え、その他のミレクールの工房の助けを借りることで、フランス中の工房へ数多くの弓を供給し、多くの生産量を誇り、広く知られるようになった。1933年には、息子達と共同で製作を行う「Morizot & fils」という工房を設立し、1957年に亡くなった後も「Morizot freres」と呼ばれる息子達が製作を続けることとなった。彼は異なる2種の「L.Morizot」スタンプを用いたが、息子達もそれらを用いた。